カフェ好きが高じて、カフェを作ってしまいました。- 札幌・東札幌駅から徒歩7分 (お店の営業時間などは"インフォメーション"をご覧ください。)プティcafeはギャラリーとしてもお使いになれます。


by p-cafe-ken

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
CONTENTS
インフォメーション
ギャラリーとして♪使えます
プティCafe研究所
MENU
MAP
本のこと
NEWS
EVENT・EXHIBITION
日々のこと
プティcafe掲示板(お問い合わせ)
本など 売ります

以前の記事

2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...

フォロー中のブログ

WATASHI-BRAND

LINK

最新のトラックバック

プティCafé研究所
from 元気アート☆BLOG

ライフログ

タグ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お雛様 ありがとうございました

今年も雛祭りが終わりました。
なのに、お雛様画面がトップに(!)なっていました。キャー♪
ごめんなさい。失礼しました
そして、お雛さま、ありがとう。

春も一歩一歩近づいてはいるようですが、まだまだ寒いです。

以下は、飾るときのブログです。

古い(といっても明治時代)お雛様は
とても気品のある顔なんです

おまけに、ちょっぴりさびしがり屋
 そのうえ、恥ずかしがり屋の、
 ふたりです。

 
d0171563_20385935.jpg


 いろいろな方にご覧いただいています。
 二人とも、とっても喜んでいます。

 お道具も、プチ(小さくて)でかわいい、
 元祖ジャパニーズ・ドールハウス!ですなぁ。

 桃の花、ガーベラ、フリージア、
 雛あられ、雛おこしなども備えられ、
 花も団子もそろって…ご満悦 ?!

 3月3日まで、ぜひぜひ…会いにきてね~♪
 軽くスケッチなどいかがでしょうか?
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-28 16:10 | 日々のこと

大人のための児童文学紹介 おかげさまで、好評のうちに…

2/18(金)~2/21(月)
大人のための児童文学紹介

 21日に、好評のうちに終了しました。
 文学の香りが心地よい、4日間でした!
 まるで、栞さんの、ご自宅の素敵な書斎&サロンに招かれたような、
 そんな雰囲気ではなかったか、と思います。

  評論や原作に描かれていることを巡って、評論作家の栞さんの進行により、
 女性の生き方や、「自由」というもの、などなどにも
 触れて(お越しいただいた)皆さんに発言していただきました。

 その、素敵な発言にも、(本当に)思わず聞き入ってしまいました。

 本当に、なるほど、と、どのコメントも、思わず描きとめておきたいぐらいの
 内容でした。
 数少ない男性からのコメントも貴重でした。

 「自由」にしてよい、といわれると、かえって難しい、という
  ようなコメントがあり、
  なんだか、わかるような気もしました。
  皆、重い荷物を抱えながら、生きているのかも…
  となぜか思ってしまいました
 (なんだか、とりとめがなくなりすません)

 以下は、開催時の情景・文です!

佐藤 栞さん 著書 
児童文学評論集「自由になっていく」出版展示会

なぜか、小鹿ちゃんもスタンバイ!

d0171563_21592912.jpg


小鹿ちゃん登場には意味があります。
紹介する物語「小鹿物語」にちなんで、満を持して(?)登場!
小鹿物語は、初めて読みました。
アメリカも昔は本当に大変だったんだ、と思いました。

児童文学…というジャンル(?)にはあまりなじみがないかも…
と思っていた私ですが、栞さんの評論本を少し読ませていただき、
(対象の本も読ませていただき)
教えられることがいっぱいでした。

「ねずみ女房」という作品は、児童文学なの?という
 くらい、ちょっぴり考えさせられる作品です。
 評論集にもありますが、作者(栞さん)が感想を聞いた人からは、実際に
「なんだい?あれは子どもの読む本なのかい?」(70代女性)
果ては(?)不倫の話?という言葉もきかれたとのこと。
やはり、児童文学という枠組み(?)
では、もったいない?? いやはや、でもでも、本来は子どもにこそ
胸をゆさぶる(?)ような、感動モノの本を読んでほしいのですよね

ただし、子どもどころか、現代人、大人の活字離れもますます
進む昨今ではあります。(--〆)

まあ、それでも本というものは良いものであります。
最近文字の多い本からは遠ざかっていた私。

私が「すてき」と思ったのは、この評論を栞さんが
自分自身のために書いた、
とおっしゃっていることです。
人のために(結果的に)なることは良いことなのですが、
まずは、自分がそれをやることによって
「楽しい」「夢中になれる」「自分が解放される」
幸せにならないと、人も幸せにできないですもんね。

 素敵な物語に出合わせてくれた、佐藤栞さんに感謝!です。

 10の物語を紹介・評論…

「ねずみ女房」ルーマ・ゴッテン作
「小鹿物語」M.K.ローリングズ作
「愛のひだりがわ」筒井康隆作
 その他「秘密の花園」「ピーターパンとウェンディ」「銀の馬車」 ほか

 栞さんは、4日間、毎日会場に来られるそうです。
 文学評論…というと、構えちゃう方もいらっしゃるかもしれませんが
 気さくな栞さん、気軽に話しかけて
 きっといろいろ教えてくれそうですよ。
 

  問い合わせは当店777-4865まで
 お気軽にどうぞ!
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-20 09:59 | EVENT・EXHIBITION

イベント 開きませんか? スペースをお貸ししますよ

 プティcafe研究所にて、

 イベントを開いてみませんか?

 ギャラリー以外にも、お貸ししていますよ♪
 席は、20席ほどご用意できます。
 貸切のご要望にも対応できます。

 体験レッスン、 トークショウ
 情報交換会、
 その他、オモシロ企画イベント
 楽しいイベント、気軽なイベント
 力の入ったイベント…
 お待ちしていますよ!
 お気軽にお声をおかけくださいませ!

 
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-15 20:33 | インフォメーション

私の中のねずみ 「ねずみ女房」~大人のための児童文学紹介

佐藤栞さん 「自由になっていく」出版展示会

「ねずみ女房」をご紹介しますネ。

 ある家に、一匹のめすねずみ(夫あり)が住んでいた。
その家に、つかまえられた鳩が飼われるようになった。
自由を奪われた鳩は、餌を食べる気力もなく、
鳥かごの中で、生きる望みをなくしているように見えた。
彼女(めすねずみ)は餌にひかれ鳩に近づき、
鳩から、外の世界の話をきく。
外の世界の話に、彼女は魅了される。大空・風・土の匂い…
おすねずみは、鳩の住む窓じきいに通う彼女に不満をもらす。

やがて彼女は出産し、毎日家族を養い生きていくのに必死だった。
その間しばらく会えなかった鳩は弱り果てていた。
彼女は決心する。 鳩を逃がしてやることを…。
幸運にも鳩は脱出に成功する。
しかし、彼女はもう鳩の話をきくことができなくなってしまう…
だが、彼女に変化が訪れる。
彼女は自分の目で、星空を見ていることに気付く。
そののち老いた彼女は、不思議なくらいまわりに尊敬される存在になっていく。
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-13 13:35 | EVENT・EXHIBITION

あつあつ オニオングラタンスープ

 オニオングラタンスープ 

 パンやチーズなどがついて、ランチ650円です。
 
  
d0171563_1943148.jpg


 もちろん手作り ♪

 バターをたっぷり使い、風味良く、
 飴色に炒めた玉ねぎに,
 赤ワインで、 さらにコクを出しました
 ぐつぐつと煮えたところを
 フーフー覚ましながら、お召し上がりください!

 
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-12 19:52 | MENU

羊毛 ♪  & タティングレース の 会

当店にて羊毛 ♪  & タティングレース の 会を行います
好評につき随時開催!


タティングレースは、繊細で、可憐

羊毛の人形は、ふんわり、なんとも
とぼけた(?)かわいらしい表情がたまりません

 日程は次のとおりです
タティングレースの会
3/7(月)


羊毛の会
2/17(木)おひな様を作りました

3/14(月)お申込みお待ちしています ♪

[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-11 19:09 | EVENT・EXHIBITION

お久しぶりです ♪

パソコン君が年明け、不調を訴え、
リカバリーするも、回復せず、やっと送り出し、
とうとう手術し、病院から戻ってまいりました。
ようやく手元に!

………というわけで、ひさしぶりに書かせていただいております。

その間、店内にお雛様を飾りました。

明治のもので、確か100歳くらいだと思います。
着物はさすがに古びて色あせておりますが、
お顔は白くなかなかきれいです。
お雛様、3月3日までよろしくね

アンティークのおひな様、ぜひぜひ見に来てね。
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-11 16:33 | 日々のこと

冬のほっこり雑貨市

 好評のうちに終了しました!
 パソコンの不調により、webでの宣伝もほとんどできませんでしたが、
 盛況のうちに楽しく終了しました。
 3人の、抜群のセンスには脱帽…bird houseさんお手製の
 (商品だけでなく)ディスプレイ機材 など、デザイン・企画にも感心いたした次第です。
 もちろん私も、いろいろ買い物してしまいました。
 近々、cajonさんの切り文字「CAFE」のアルファベット文字もお店にやってくる予定です。
 オーダーさせていただきました。Lineさんのエプロンも!
 以前、ami_chikuさんに展示販売会を開いていただいたときも
 そうなのですが、一般のお客様のように目を輝かせてショッピングの
 ひととき楽しんでしまったのでした。

 以下は、開催時の文です 

冬のほっこり雑貨市
 Feb.3~5(木~土) 開催します
 おでかけやおうち時間を
あたたかく楽しめるような
手作り雑貨をご紹介します

布もの 毛糸 紙もの 

とってもおしゃれな雑貨がそろいそうです

ぜひぜひ、お越しくださいませ
      
[PR]
by p-cafe-ken | 2011-02-10 18:56 | EVENT・EXHIBITION